オルフの『カルミナ・ブラーナ』について

カール・オルフ作曲の『カルミナ・ブラーナ~楽器群と魔術的な場面を伴って歌われる、独唱と合唱の為の世俗的歌曲集』(1936年作曲、1937年初演)の各楽曲の12世紀のオリジナルの楽曲を聴くことができないだろうか。。
オリジナルのカルミナ・ブラーナにはCB番号(たぶんカルミナ・ブラーナ番号?)というものが付いている。これに紐付けされていないのだろうか?と思い調べてみた。
ヨッフム指揮によるDG国内盤の対訳(呉茂一氏訳)を見るとS・1とかA・99とかのように原詩番号というものがあり、Sはセーリア(まじめな歌)、Aは恋・酒・戯れの歌でその後の番号がCB番号なのだろうか。
例えば第2部『酒場で』の3曲目「わしは院長さまだぞ」はA.196とあるけれど、ピケットのオリジナル抜粋盤にあるCB196「酒場にいる時には」に院長さま云々の歌詞は出てこなかった。やっぱりオルフ版とオリジナルCB番号は対応できないのかな。。。

曲番題名原詩番号
運の女神、全世界の支配者なる
1.おお、運の女神よS.1
2.運の女神の傷手をS.77
第1部:初春に
3.春の愉しい面ざしがA.101
4.万物を太陽は整えおさめるA.99
5.見よ、今や楽しいA.106
芝生の上で
6.おどり
7.森は花さき繁るA.112
8.小間物屋さん、色紅を下さいS.203
9.円舞曲 ここで輪を描いて回るもの、おいで、おいで、私の友だちA.129a
10.たとえこの世界がみなA.108a
第2部:酒場で
11.胸のうちは、抑えようもないS.172
12.むかしは湖に住まっていたA.92
13.わしは院長さまだぞA.196
14.酒場に私が居るときにゃA.175
第3部:愛の誘い
15.愛神はどこもかしこも飛び廻るA.60より
16.昼間も夜も、何もかもがA.81より
17.少女が立っていたA.120
18.私の胸をめぐってはA.141
19.もし若者が乙女と一緒にA.144
20.おいで、おいで、さあ来ておくれA.136
21.天秤棒に心をかけて43の7
22.今こそ愉悦の季節A.140
23.とても、いとしい方A.43の9
ブランツィフロール(白い花)とヘレナ
24.アヴェ、この上なく美しい姿A.50の8
運の女神、全世界の支配者なる
25.おお、運の女神よS.1

Broucekのノート へ戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-04-26 (土) 17:30:58 (3082d)